自動給水機

ピュアクリスタル copanコパンの口コミは?実際に使ってみた感想を紹介

「最近我が家の猫ちゃんが全然水を飲まないなぁ…」

今までは普通のお皿に水を入れておくだけで、水をガブガブ飲んでくれていたのですが、急に飲まなくなってしまいました。

トイレの回数も減ってきて「ヤバイ!」と思い、急いで解決策を検討し、自動給水器を購入しました。
それまではチュールに水で薄めて飲ませたり、鼻に水滴をつけて飲ませたりして凌いでました。

結果としては、ピュアクリスタル コパン猫用を導入したことで、水を飲む回数が自然と増えたので、買って正解だったといえます。

今回は私と同じ様な悩みだったり、その他の理由で購入を検討している方に向けて、「基本情報」「実際に使用した感想」「メンテナンス方法」「かかる手間」について紹介していきます。

アイリスオーヤマのペット用自動給水機はおすすめ?使用感をレビュー と、急に我が家の猫ちゃんが水を飲まなくなってしまい、「何とかせねば!」と思った結果、自動給水器を購入しました。 今回は私と...

ピュアクリスタル copan(コパン)とは?

日中不在になってしまう家庭も多いとは思いますが、猫の健康を思うなら、いつでも新鮮な水が飲める環境作りが重要です。

猫が1日に必要な飲水量は「体重×40~60ml」と言われています。

必要な飲水量の目安一覧

1kg:60ml
2kg:120ml
3kg:180ml
4kg:240ml
5kg:300ml
6kg:360ml
7kg:480ml
※60mlで計算しており、あくまで目安です

猫はあまり水をガブガブ飲む方ではないので、「習性だから」と一言で片づけてしまうと、腎臓病、膀胱炎、尿道炎、尿路結石などの病気にかかりやすくなると言われています。

なので、少しでも水を飲む量に不安があれば対策していくべきです。
そんなことを知り、我が家でもピュアクリスタル コパン猫用を購入して取り入れました。

他にも我が家では、アイリスオーヤマ ペット用自動給水機 も同時期に導入しており、合計2種類の自動給水器を設置しています。

ピュアクリスタル copan(コパン)の価格

ピュアクリスタルには種類があり、それぞれ下記の価格となっています。

ピュアクリスタル 3,019円
ピュアクリスタル コパン 2,323円
ピュアクリスタル グラッシー 3,980円
ピュアクリスタル ペットボトル用給水器 1,185円
ピュアクリスタル セラミックス 6,223円

※執筆時のamazon価格参照

ペットボトル用給水器はケージに取り付けるタイプなので、安いとはいえ、この中では少し特殊かなと思います。

他の5種類で比較すると、コパンが最安値、セラミックスが最高値となっており、その差は約2倍です。

コパンの特徴と選ぶべき人は?


※ピュアクリスタル公式HPより抜粋

色々種類がある中で、コパンを選ぶべき人はどんな人なのか?というのを下記にまとめてみます。

・子猫など、小さめの猫を飼っている

・出来る限り価格を抑えたい

私がコパンを購入した理由は、小さくて安いからという単純な理由でした。

我が家の猫ちゃんは体重が3kg程度しかなく、脚も若干短めなので、飲み口が他よりも低いコパンを選んでます。

実際に使用してみた感想

皿だと飲んでくれなくなったのが嘘のように飲んでくれました。

何でなのかはハッキリとは把握できていないですが、やはり「自動給水器って凄いんだなぁ」という曖昧な感想を抱いております。

自動給水器は流れる水を飲むイメージでしたが、コパンは下に水が溜まる為、気分次第で飲む方を変えてる姿が見て取れます。

このように流れてる部分をペロペロ舐めていたり、

下に溜まっている部分で飲んだりしています。

日々の洗浄やメンテナンスは?

自動給水器とはいえ、日々の水交換が推奨されていますので、交換した方が良いです。

私の場合ですが、下記の頻度でメンテナンスしています。

・水交換⇒夏場毎日、冬は2日に1回

・本体の清掃⇒1回/週

・ポンプの分解洗浄⇒1回/月

・フィルター交換⇒1回/月

正直なところ、慣れるまでは若干手間だと感じていましたが、そんな難しい清掃や分解はないので問題ありません。

過去に水の入れ替えを忘れてしまったことがあり、その場合は汚くなったのが目に見えて分かりましたので、忘れないように心がけています。(黒っぽい線?跡?がつきます)

バラバラに分解して洗うとこんな感じです。

これが….

こうなって…

こう!

簡単な作業なので苦じゃないです。

ポンプが分解できるのはかなり良い

同時期に購入した「アイリスオーヤマ ペット用自動給水機」と比較すると、ピュアクリスタルコパンの方が細かく分解できます

分解してみると分かりますが、結構汚れが溜まってますので、綺麗な水を保つためには分解は必須だと感じます。(分解できない場合は簡素な設計なのかもしれませんが)

年間でかかる維持費の目安

年間でかかる維持費としては「電気代」と「フィルター代」が必須です。

約43円(50Hz)、約36円(60Hz)
(1kWh=25円の場合)※1か月連続使用した場合
¥209/1枚(amazon価格)×12ヶ月=\2,508/年

電気代\516×フィルター\2,508=\3,024/年

ここに水道代が加算されますが、この金額で猫ちゃんの健康を保てるなら、かなり安めの維持費だと思います。

ピュアクリスタル copan(コパン)はおすすめ?

個人的な使用感としては、ピュアクリスタル コパンはかなりオススメできます!

特に水を飲んでくれなくなった猫ちゃんがいれば、是非お試ししてみてほしいですね。我が家の猫のように、水飲んでくれない問題が解決するかもしれません…!

子猫や小さい猫、脚の短い猫種には飲み口が低いコパンがおすすめです。そんなに高価な物ではなく、猫の健康維持に繋がるので素晴らしい!

アイリスオーヤマのペット用自動給水機はおすすめ?使用感をレビュー と、急に我が家の猫ちゃんが水を飲まなくなってしまい、「何とかせねば!」と思った結果、自動給水器を購入しました。 今回は私と...