猫と暮らす知恵

猫をお迎えするのに必要なもの6種類とは?あると良いもの、いらないものも紹介

よし、猫をお迎えするぞ!…でも何を準備すれば良いんだ?

このように悩んでいませんか?私も同じように悩んだので、気持ちは凄く分かります。

店員さんに聞くと余計なものまでオススメされそうで、無駄な出費は避けたいですよね。

そこで今回は下記に分類分けして、それぞれ紹介します。

・猫のお迎えに必要なもの6選

・猫のお迎えにあったら良いもの5選

・私は買ったけどいらなかったもの2選

【最新版】Amazonで猫用品をお得に買う方法まとめAmazonはペットプロフィールに登録しないと損! 意外と知られていないのが、ペットプロフィールの登録で10%OFFになること...

猫のお迎えに必要なもの6選

まずは、猫をお迎えするのに必須なものを6種類紹介します。

実際に私が使用している物を合わせて紹介しますので、是非参考にしてみてください。

キャリーバッグ

お迎え当日に連れて帰るときから活躍します。

その他にも、子猫時代は何かとお世話になる病院へ連れていく時も必要になります。

最初はキャリーバッグではなく、キャリーケースを買ったんですが、キャリーケースだと猫が重くて意外と辛いという経験をしました。

成長してから我慢できなくなり、キャリーバッグに切り替えたので、キャリーケースは必要なかったかなと。

車移動がメインになる方は、キャリーケースでも全然問題ないですが、移動距離が長い人はキャリーバッグをオススメします。

PETKITの猫用キャリーバッグをレビュー!ヒマラヤンぐらい大きくてもおすすめか? このような事を考えている人向けの内容になります。 私自身ヒマラヤンと生活しており、元々はキャリーケースを使用していたけど、...

食器(餌用、水用)

猫用に作られているお皿は、ある程度の重さがあり動きにくかったり、背を高くして食べやすくしてたりするので新しく購入するのをオススメします。

正直なところ、家にあるような陶器やプラスチック皿で代用できなくはないですが、猫が食べにくい可能性があります。

いずれ自動給水機を購入する予定がある方は、下記の記事も合わせて読んでみてください。

ピュアクリスタル copanコパンの口コミは?実際に使ってみた感想を紹介 今までは普通のお皿に水を入れておくだけで、水をガブガブ飲んでくれていたのですが、急に飲まなくなってしまいました。 トイレの回数...
アイリスオーヤマのペット用自動給水機はおすすめ?使用感をレビュー と、急に我が家の猫ちゃんが水を飲まなくなってしまい、「何とかせねば!」と思った結果、自動給水器を購入しました。 今回は私と...

キャットフード

キャットフードが必須なのは言うまでもないですね。

注意点としては、成長時期に合わせたキャットフードを選ぶ必要があります。

私の場合は最初からロイヤルカナンをあげており、お迎えした時期が約4ヶ月だったので成長後期のキトンからスタートしました。

今でもロイヤルカナンを愛用しており、ヒマラヤン用に設計されたものに切り替えています。

ロイヤルカナンは成長時期別だったり、猫種別だったりと細かく出しているので、キャットフード選びに迷うことがなくオススメできます。

猫用トイレ&トイレ砂

猫用トイレは最初から大きめのを置くべきです。

猫の体長の1.5倍以上が理想といわれてますので、成猫になったサイズを基準に買いましょう。(すぐ大きくなりますよ…!)

私自身の経験談ですが、店員さんにオススメされたトイレは小さくて捨てた苦い思いがあります。

砂に関しては、猫の好みによってしまうので、お迎えする前にいた環境のトイレと同じ砂を準備すると無難です。

私の場合ですと、最初は紙素材の砂だったのですが、成長と共に好みが変わったのか鉱物系じゃないとしてくれなくなりました。

爪とぎ

「爪とぎは最初なくても良いかな」なんて思ってしまうかもしれませんが、猫は爪とぎする生き物なので、1個爪とぎを置いておくだけでも壁などで爪とぎする可能性を減らすことができま

その子の性格にもよると思いますが、猫はイメージよりも壁やソファなどで爪とぎしません。少なくとも我が家の猫は一度もしたことがありません。

それでも予防しておくに越したことはないでしょう。

Petzoneの爪とぎAmazonボックス仕様を購入!猫におすすめか?猫はケージに入ってる爪とぎを使ってくれないんですね...。 なので、Amazonで爪とぎを探していたところ⇓こんな爪とぎを発見! ...

ブラッシング用品

ブラッシングするのにブラシは必須です。ブラッシングは、猫の抜け毛を事前に減らすことができます。

毛が絡むのを防止するのも理由の一つですが、怠ってしまうと、毛づくろいのときに抜け毛を飲み込んで胃や腸にたまってしまい、酷いと病気になってしまう可能性もあります。

他にも単純に私たちとのスキンシップとしても役に立ちます。

我が家の猫はヒマラヤンで長毛種の為、毎日ブラッシングしていますが、そのおかげでスタッドテイルという病気にいち早く気づけた経験があります。

猫のお迎えにあったら良いもの5選

ここからは無くても良いけど、有った方が絶対良い物を紹介していきます。

ゆくゆくは必要になるものもあるので、余裕がある人は最初から揃えちゃっても良いですね。

おもちゃ

猫はおもちゃの好みが激しいので、買ったのに遊んでもらえないことはザラです。

好みの傾向さえ分かれば、壊れても似たようなのを買えばいいのですが、そこまではチャレンジあるのみです。

参考までに紹介すると、我が家の猫は釣竿系のおもちゃが好きです。

逆に棒状で短い↓のようなおもちゃには興味がない傾向ですね。

キャットタワー

猫は高い所を昇り降りする生き物なので、キャットタワーを置いておくことでストレスを軽減することができます。

完全室内飼いの場合は運動不足になりがちですが、そうなってしまうと肥満の原因にもなります。

キャットタワーの一番上で寝ている猫を見れるだけでも買う価値はあると思ってます。

猫が落ち着くベッドやクッション

猫用ベッドやクッションを置いておくことで、猫が安心できるスペースを作ることができます。また、寝るときの負担を軽減する効果も。

ハンモック付きのキャットタワーを購入し、ハンモックを気に入っているようならいらないかな?とは思います。

首輪

完全室内飼いでも首輪はしておくことをオススメします。

対策して脱走させないことが大前提ですが、万が一脱走してしまった場合に飼い猫だと分かるようになります。

我が家も導入しているのですが、首輪はCatlogがオススメです。デザインがお洒落ですし、なにより健康管理することができるのは強みですね。

Catlogは1週間のお試し期間もしており、

ここに文字首輪が苦手でしてくれないかもしれない

という悩みをお試しできるというのもオススメできる点です。

ちなみに我が家の猫は首輪を最初嫌がりましたが、嫌がったらすぐに外すというのを繰り返すことでつけられるようになりました。

爪切り